マーケティングオートメーションツール/Pardotフォームの作成

はじめに

マーケティングオートメーションとは、集客や販売促進・顧客管理など一連のマーケティング業務を自動化して業務効率化と生産性を向上させる取り組みを図る事を指し、MAツールとも呼ばれます。近年営業・マーケティング分野におけるデジタルトランスオートメーション(DX)施策として高く注目されています。このマーケティングオートメーションで出来る具体的な目的としては主に以下が挙げられます。

  • 作業の自動化:リードの獲得経路に従い、それぞれに違った定型文メールの自動送信などが可能。自動化によってマーケティング情報の抽出ミスを大幅に減らす効果も期待できます
  • 顧客情報の収集・蓄積:ランディングページやブログなどの様々な流入経路に対して顧客情報の収集や適した方法での蓄積が可能です
  • 顧客の育成:獲得した見込み顧客や成約に至らなかった顧客に対して継続した情報提供を行う事や、反応の無いユーザーに対しての事例紹介資料を送付するといった将来的なリードの育成が可能です
  • マーケティングデータの分析:メールの開封・未開封やサイトの来訪状況といった顧客ひとりひとりに対しての行動をトラッキング(追跡)して一元管理する事が可能。データを一元管理する事で広い視点での問題把握や解決するの施策の検討実施にも繋がります

Salesforceが提供するマーケティングオートメーションツールとしてPardotが存在します。Pardotを活用する事で顧客のWebアクセス分析、メールシナリオ設定、Salesforce連携など、マーケティング活動とセールス活動を融合させ、営業効果の最大化を実現できます。上述で述べた目的を実現する機能として主に下記の機能が搭載されています。

  1. Webサイトトラッキング/Pardotフォームの作成
    ランディングページ・フォーム作成機能によってページを作成する事が可能です。デザインやキャッチコピーも自由に設定変更する事ができる機能を持ち、個々のユーザに最適化したプロモーション施策が行えます。
  2. 訪問客、見込み顧客に対してのスコアリングと評価
    ランディングページやフォームから流入した顧客情報を一元管理する機能があります。フォーム登録情報、Web訪問履歴、流入経路などの行動記録といった情報をもとにその顧客に対してのスコアリングとセグメントに分類する機能です。スコアリングの結果、個々の顧客に対して最適な商品への提案やアプローチをかける判断材料にするといった手法を取る事ができます。
  3. 設定したシナリオに対してのメール配信などの自動化
    スコアリング機能によって分類された顧客に対しての最適な情報のメール配信や新商品のプロモーションなどメール自動配信機能になります。

Pardotフォーム作成

今回はPardotの主機能であるPardotフォームについての作成方法と流れについて説明します。Pardotフォームはウィザード形式で簡単にお問い合わせページを作成する事が可能です。

1. 名前、キャンペーンの設定

Pardotフォーム > フォームの追加ボタンにて新規フォームの作成が可能です。ここでは名前やタグ、キャンペーンを指定します。キャンペーンとは実施したマーケティング施策をSalesforce上で管理する為の機能です。フォーム作成時にキャンペーンを指定する事で見込み顧客として取り込まれた顧客情報がどのマーケティング施策としての流入ユーザーかを判別する為の材料となりますので、次のアクションへの施策やレポートしてキャンペーンの効果の分析に役立ちます。

2. 入力項目の設定

次にフォームの入力項目を選択します。ここでは作成したプロスペクト項目(Pardot上で見込顧客を管理する項目)内でフォーム上に出力する項目の追加や設定が可能です。必須入力やデータの種別や形式やエラー時のメッセージなどをコーディングすること無く設定のみで完結する事が可能です。

3. レイアウトテンプレートの設定

デザイン画面ではレイアウトテンプレートの設定や送信ボタンの名称を設定します。レイアウトテンプレートの設定ではデザインの制御やフォームのコードなど幅広いカスタマイズを行う事が可能です。またテンプレート内にjavascriptを埋め込むことが可能ですので、問い合わせフォームなどでよくある郵便番号からの住所自動転記や各種バリデーションなど幅広く応用する事が可能です。

4. 完了アクションとサンクスページの設定

最後に完了アクションとサンクスページを設定してフォーム作成が完了します。ここでは問い合わせボタンを押した後に表示するページの設定や、サンクスメールの送信や社内ユーザへの通知、スコアリング設定などフォーム完了時の振る舞いを柔軟に複数アクション設定する事が可能です。

以上でPardotフォームの作成が完了します。作成後、フォームページのリンク欄にURLの発行とWeb公開されますのでURLをクリックするだけでフォームへアクセスする事ができます。

最後に

マーケティングオートメーションツールを導入する事で業務効率改善や費用対効果が大きくマーケティング領域では高く期待されています。今回は主にPardotに関して概要やPardotフォームを利用したページの作成について簡単に説明しましたが、他にもSalesforce連携や分析レポート、Engagement Studioといったマーケティングにおける顧客開拓するための様々な機能も搭載されており次回以降で、また紹介しようと思います。

参考リンク:Pardot概要(Salesforce)

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP