EMPLOYEE INTRODUCTION
CASE.4 CHAPTER.1
SE / ENGINEER

SEからコンサルタントまで、
多彩なキャリアを
コアコンセプト・テクノロジーで実現。

前職はシステム開発会社でSEをしていましたが、コアコンセプト・テクノロジーに入社して一転、それまで経験のない業務コンサルタントとしてキャリアをスタートしました。新たに携わることになったのは、自動車関連の業務・技術改善支援です。業務改善では「エンジン適合」と呼ばれる領域で最適手順を構築するための手法提案やスケジュール立案、進捗管理における運用方法の検討や定着支援を行っていました。また、技術改善では試作によるテストを減らすため、1DCAEを作成する予測技術開発支援に携わっていました。未経験で始めた仕事ですから、最初は右も左もわからない状態。しかし、文系出身ならではのコミュニケーション力を活かして、楽しんで取り組むことができました。その後、4年半にわたって同業務に携わり、昨年の夏から大阪オフィスのビジネスソリューション(BS)事業部へ活躍の場を移しました。BS事業部はシステム開発をメインとする部署で、私は『Salesforce(セールスフォース)』というアプリケーションの導入・カスタマイズを担当しています。基本的には既存のお客様とのやりとりが多く、お客様の会社の他部署に対して『Salesforce』の導入を推進していく内部展開が中心。導入提案からヒアリング、開発に至るまで、1つの案件を一人で完結することも数多くあるのが特徴です。ただ私はエンジニアとしてのブランクがあるため、開発フェーズの作業は改めて勉強している最中。現在は、お客様との商談やカスタマイズにおける要件定義など、上流工程の業務を中心に担当しています。

EMPLOYEE INTRODUCTION
CASE.4 CHAPTER.2
SE / ENGINEER

蓄えた知識が、信頼に直結。
すべての経験は、
「今」に活かされる。

この仕事で大切なのは、お客様から言われた通りに仕事を遂行するだけではなく、漠然とした要望の中から“真のニーズ”を見極め、具体化していくこと。実は、そうした仕事に対する意識や進め方はコンサルティング業務とも通じる部分があります。コンサル担当だった頃は、部長から担当者まで、さまざまなポジションの方たちと接することが多かったので、部長なら結果と課題を簡潔に伝える、担当者なら認識祖語がないよう詳細まですり合わせるなど、相手によって伝える粒度を変えるスキルは営業的な役割が増えた現在の業務でも活きています。『Salesforce』によるデータの一元管理を今後いろいろな部署に展開していくので、コンサル時代に得たチームビルディングのスキルもきっと活きてくると思います。一方で、以前とは違う難しさを感じているのが知識の部分です。たとえば『Salesforce』は年に2回、バージョンアップがおこなわれます。その都度、追加・拡張される機能をはじめとした最新情報をキャッチアップしなければなりません。知識がなければ、お客様の要望に対する「できる・できない」の判断が遅くなってしまうのです。そのため、異動後は『Salesforce』の認定アドミニストレーター資格も取得しました。製品のことを理解しているという証明は、お客様にとって少なからず信頼に値する材料の一つになると思うのです。だからこそ自分の持っている知識やスキルによって、お客様の「やりたいこと」を具体化していく点にはやりがいを感じますし、モチベーションにもつながりますね。

EMPLOYEE INTRODUCTION
CASE.4 CHAPTER.3
SE / ENGINEER

仕事のやりがいも、面白さも、
自分でつくることができる。
いずれは海外の舞台で活躍を。

コアコンセプト・テクノロジーは中途メンバーが多く、社員同士の関係性はフラットに近いと思います。文化的な上下関係が醸成されている会社ではないので、それこそ年齢もキャリアも関係なく、さまざまな物事が現場発信で進んでいくことが多々あります。たとえば、採用・人事・環境などについての社内ワーキングもその一つ。私自身も人事ワーキングに参画し、仕事に対する評価基準の作成に携わりました。また、社員交流を目的とした「ラウンドテーブル」も環境ワーキングから生まれた取り組みです。それ以外にも出勤時間を1時間スライドできる「時差出勤」や、季節休暇日数の増加など、自分たちで働きやすい会社をつくっていくことが可能です。仕事面ではベテラン社員と若手でコンビを組むなど、フォローできる体制をつくり、困った時にはそっと手を差し伸べてくれる先輩社員ばかりです。なかには実務未経験からキャリアをスタートしたメンバーもいます。入社当初は苦労も経験すると思いますが、長い目でじっくりと取り組めば、きっと仕事の面白さに気づけると思います。もちろん、私もその一人です。コアコンセプト・テクノロジーに入社し、さまざまな経験をする中で新たなやりがいも見出しました。今の仕事も徐々に面白さを実感できる場面が増えています。まずはBS事業部での役割を全うし、いずれは留学経験と英語力を活かして海外案件にも携わることができたら、と思っています。

  • 村澤将広

    開発事業部
    チーフエンジニア
    2016年入社

  • 武藤玲奈

    ビジネス
    ソリューション事業部
    SE/エンジニア
    2015年入社

  • 加藤泰裕

    開発事業部
    プログラマー/
    エンジニア
    2016年入社

  • 木ノ下千春

    開発事業部
    ビジネス
    ソリューション事業部
    SE/エンジニア
    2012年入社

  • 加藤友崇

    開発事業部
    プログラマー/
    シニアエンジニア
    2014年入社